これさえ読めばすべてわかる!初めて建てる注文住宅を成功に導くための豆知識!

注文住宅を成功に導くためには、よくある失敗例を参考にすることが大事です。
家は一度建ててしまうとなかなか建て直すことはできませんから、間取りなど後悔しない設計にしましょう。
家の中を移動する際のルートがスムーズになることで、満足できる家になりますから、家族がストレスを感じることのない間取りになっていることがポイントです。
そのためには信頼できる工務店をみつけ、家族構成やライフスタイルにあわせたデザインにしてもらうことが大切です。

これさえ読めばすべてわかる!初めて建てる注文住宅を成功に導くための豆知識!

注文住宅でよくある失敗例としては、収納スペースが足りなかったり、キッチンの高さが身長にあっていなかった。
玄関の照明スイッチが遠くて不便、お風呂場の壁をタイルにしたら掃除が大変だったというように、実際に住んでみて不便さに気づくというものがほとんどです。
注文住宅を成功させるためには、こういった失敗例を参考にし、冷静になって懸命な判断をすることが大切です。
あこがれの注文住宅ですが、理想を盛り込みすぎると予算も増えますし、不要な機能もでてきますから、十分気をつけましょう。

マイホームで人気の注文住宅とは?

マイホームを建てる時に人気の注文住宅とは、間取りや設備など細部にいたるまで希望を反映できる新築住宅のことです。
間取りや仕様などが全て決まっている建売りなどの分譲住宅と異なり、ライフスタイル、家族構成、将来設計などに合わせてオーダーメイドで家を建築することができます。
依頼者には建築や内装に関わる知識がなくても理想の家作りをすることができるようになっていて、不動産会社やハウスメーカーに依頼する注文住宅とは、手間のかからないセミオーダー住宅のことを指す場合が多いです。
セミオーダー住宅では、間取りや内装は依頼者が自由に決めることができたり、設備のグレードアップやグレードダウンはできますが、基本的な仕様はあらかじめ決まっているため、手間がかからないのがメリットとなっています。
依頼者に建築知識がある場合には、セミオーダー住宅ではなく、フルオーダー住宅を選択しても問題なく、世界に一つだけのマイホームを建てることができるでしょう。

注文住宅を建てたくなる魅力的なメリット

注文住宅は、家族が思い描いている設計をそのまま体現できるという意味で非常に大きなメリットが存在します。
一般的な一戸建て住宅は、モデルハウスが存在しますので外装や内装に関してクライアントが細かな注文を行っていくことが難しいという側面が存在します。
一方で、注文住宅というのはそのまま設計にも携わることができますし、間取りについても家族が求める自由な空間を要望できます。
実際に、注文を行う業者によっては設計だけではなく建築作業において利用される素材から決めていくことが可能です。
例えば、断熱材などを利用する時により良い素材を使って欲しいと考えている場合には、それを要求として伝えることが可能です。
また、注文を行って建設をしている最中であっても、場合によってはその都度要望を伝えることができます。
本来ならば、こういったことはできないですが集合住宅の場合はあくまでもクライアントからの要望を第一として考えてくれますので、文字通り理想的なマイホームを手に入れられるだけの柔軟性があるのが魅力的です。

注文住宅を建てるなら注意したいデメリット

マイホームは一生に一度、購入する機会があるかどうか人生でも大きな買い物です。
特に注文住宅となると建売住宅と比較すると費用も高くなるため、できるだけ失敗を避けたいものです。
失敗リスクを抑えるためには注文住宅を建てる場合の、注意点やデメリットを事前に把握しておくことをおすすめします。
気を付けておきたいポイントとして、まず挙げられるのがコスト面が高くなるという点です。
理想の間取りやデザイン、住宅設備などを突き詰めていけばいくほど、コストは上がっていきます。
場合によっては予算オーバーとなるケースもあるので、その点は気を付けたいポイントです。
また入居できるまでの期間が長いという点も抑えておく必要があります。
建売住宅の場合、購入してから約1か月ほどで入居可能です。
一方、注文住宅の場合は打ち合わせなどの期間も入れると約半年から1年ほどの期間がかかります。
入居までこれだけの期間がかかるので、家づくりは計画的に行いましょう。

注文住宅を建てるために必要な予算の規模

よく注文住宅を建築する場合、どの程度の規模の予算が必要なのかわからないと言う人がいます。
確かに、初めての経験の場合には右も左もわからない状態などが当たり前かもしれません。
この場合には、事前に注文住宅の情報をいくつか書き集めておくことが必要です。
予算に関しては、結論から言えば建てる住宅の大きさと場所によって随分と異なります。
例えば、東京都23位に建築する場合と、地方で建築する場合では土地の値段が大きく異なるでしょう。
もし土地の値段を考えなかったとしても、建物の大きさによって随分と金額が変わってくると考えておけば間違いありません。
ただ、実は狭い住宅の方が金額が高くなるようなケースもあります。
例えば、狭小住宅と呼ばれる所に関しては設計が非常に難しくそのため時間がかかる上にかなり頭を使わなければいけません。
そのような意味において、ある程度広い方が金額が安くなる可能性が高いわけです。
後は、こだわりが少ないほうがどちらかと言えば安くなります。

注文住宅のすべてを決める土地の選び方

注文住宅を建てるときには、土地選びがすべてを決めることになります。
まず、注文住宅を購入する際には場所選びを慎重に行わないといけません。
たとえば、近くに商業施設が存在していることで、買い物の際に感じる面倒もなくなってきます。
買い物は、基本的に毎日することになるので、近くに商業施設が存在しているのか確認しておきましょう。
ほかにも、子供がいる方は近くに小学校や中学校が存在していることで、安心した暮らしを手に入れることができます。
小学校や中学校が近くに存在していれば、子供を安心して学校に通わせることが可能です。
安全性を考えた時には、重要な点になってくるでしょう。
注文住宅を購入するとき、安全な土地であることはとても重要です。
地震があったときに揺れが小さい地盤の固い場所であれば、家だけではなく家族の安全も守ることができます。
便利で安全に暮らすためにも、事前に注文住宅を建てる時の場所を吟味しておくとよいです。

家族の将来まで考えた注文住宅の間取り

注文住宅は自分や家族の希望に合わせた間取りにすることができます。
家族一人一人が快適に過ごすことができるようにすることが大切であり、将来を見据えて考えることも必要となります。
子どもがいる家庭で注文住宅の間取りを検討する場合、子どものスペースをどのようにするかを検討します。
小さい頃は親と同じ部屋もしくは親の目の届くところで生活をするのが良いのですが、思春期になるとそれぞれの個室が欲しいと考えるようになります。
そのためあらかじめ子ども部屋を作っておくと良いでしょう。
パーティションなどで区切る、という方法もありますが、完全な個室にはならないので、子どもにとってみると大変不人気です。
また夫婦同士もそれぞれの部屋を用意しておくと良いでしょう。
最初は同じ部屋が良いと思っていても、年齢を重ねるとそれぞれの部屋が欲しいと感じるようになります。
お互いのプライバシーを尊重することもでき、自分だけの空間をつくることができるので、快適に生活を送ることができます。

事例を参考にデザインする注文住宅の外観

人間は見た目が非常に重要と言われており、その手の本もたくさんあります。
多くの著者は、メラビアンの法則と呼ばれるものを参考にしているケースがあるわけです。
これはあくまで人間の例になりますが、実は建物等にも応用できるケースがほとんどです。
例えば注文住宅を建築する場合、まずその人が興味を持つのは建物の中身よりも外観のはずです。
外側の見た目が良ければ、今度は中身をみてようとするかもしれません。
これは、男性が美しい女性がいた場合その人の見た目で阪南市思わず話しかけてしまうようなことに似ています。
そのため、美しい女性は多くの男性から話しかけられる傾向があります。
住宅の場合もまず見た目から入るため、外観のデザインがとても重要になるわけですが注文住宅のデザインは様々な事例を参考にした方が良いでしょう。
まずその建築会社が建築している住宅を一通り見て、どのような方向性の建物なのか確かめます。
そして、その中でさらに気に入ったものがあればどれぐらいの費用になるかを確認しておくのも良いです。

注文住宅が完成するまでのスケジュール

注文住宅を建てて暮らし始めるまでのスケジュールは、土地探しから始まります。
土地が無ければ、注文住宅を建てることが出来ないので最初に土地を決めます。
土地が決まれば家を建ててもらう会社として、工務店やハウスメーカーなどを選びます。
この際に、ある程度は建てたい家のイメージをつくっておくと建築を依頼する会社を選び易くなります。
施工店が決まれば具体的な打ち合わせに入りますが、その前に金融機関と話し合いをして住宅ローンの段取りをつけておきます。
一括で支払える場合は必要のない行程ですが、一般的にはこの段階でローンの話も確認しておく必要があります。
建築する家が具体的に決まって、資金面でも住宅ローンの利用などによって算段が付けば契約をします。
施工店との契約や金融機関との契約などが含まれます。
その後工事が行われ、完成すれば引き渡しを受けて登記手続きを行います。
これらの一連の過程を経て、理想の注文住宅での生活が始まります。

注文住宅を建てる前に考えておきたい完成後のメンテナンス

注文住宅は建てる前までが大変と言われており、様々なことを決めてようやく注文住宅が建ったときは安心するものです。
ですが家はいつまでもきれいな状態を維持することは難しく、ある程度の年数が経つと経年劣化が生じ始め、様々な部分に不具合が生じやすくなります。
つまり住宅は施工した後がとても大切になるということです。
注文住宅が完成した後に必要となるメンテナンスは、入居から半年、1年、2年、5年などと施工会社によって異なりますが、必ず定期点検が行われます。
その際建具の建てつけの調整など軽微な修繕が行わることが多く、この時の費用はかかりません。
10年を超えてくると外壁の塗り替えや設備の不具合などが生じやすくなり、一気に費用がかかってきます。
メンテナンスはある程度まとまった資金が必要となるので、建てる前から費用を積み立てるもしくは端によけておくと良いでしょう。
なお構造耐力上主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分に関しては法律により、引き渡しから10年間事業者が責任を負うことが定められています。
不具合が生じた時の連絡先をしっかりと把握しておくことが大切です。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅を成功させるポイント

注文住宅を成功に導くためには、よくある失敗例を参考にすることが大事です。 家は一度建ててしまうとなかなか建て直すことはできませんから、間取りなど後悔しない設計にしましょう。
家の中を移動する際のルートがスムーズになることで、満足できる家になりますから、家族がストレスを感じることのない間取りになっていることがポイントです。
そのためには信頼できる工務店をみつけ、家族構成やライフスタイルにあわせたデザインにしてもらうことが大切です。

Search